シンスプリント

足のイラスト
  1. 運動後は痛いが、時間が経過すると回復する
  2. 激しい痛みではなく、鈍い痛みがある
  3. 運動をすると繰り返してしまう
  4. 足が上げづらい時がある

シンスプリントの原因

指を指す男性施術者

シンスプリントは、ランニングやつま先をあげることの多い人に起こりやすく繰り返し同じ負担がかかり炎症を起こすものです。スネの骨(特に内側)に痛みが起き、骨を覆う骨膜の炎症と言われております。
その他にも、O脚や扁平足なども要因の1つとしてあげられます。

症状として、軽度なものは運動後少し痛むが冷やしたり安静にするとすぐに治まるが重度になってくると歩くのも辛くなってしまうものもあります。

基本的にいきなり重症化するものは少なく、軽度なものを特別処置をせずに欺し欺し使っている内に症状が悪化していきて運動などが出来ない状態になってしまうケースが多いです。

一般的な治療

レントゲン上に骨折が見られないものについては安静やアイシング、テーピングによって負荷のかかる部分にサポートをしていくことが多いです。また、インソールなどの負担を減らすものや下腿部の筋肉を強化する目的でタオルを使ったトレーニングなども用いられます。

骨折を伴ったものでも安静指導などと簡易的な固定をして回復を待っていくことがほとんどです。

緑区中山ジョニー整骨院の治療

カウンセリングと身体チェックを充実

画面を見せながらの説明

緑区中山ジョニー整骨院では、今の現状から普段の生活習慣にいたるまで、どのような痛みでどのような姿勢で症状が悪化するか詳しくお聞きします。

そして主訴であるシンスプリントの痛みだけではなくなぜそこに痛みが出てしまうのか根本的な原因を見つけ出しあなたに合わせたオリジナルメニューをご提案いたします。

今後の治療計画、費用、通院頻度なども詳しくお伝えいたします。

シンスプリントを根本から改善、再発防止に徹した施術

腰の施術

横浜市緑区ジョニー整骨院は、腰を支えているインナーマッスルに着目し、筋肉、骨格からアプローチします。

痛みのある部分だけ触れるだけでなく、人体の構造を熟知しているからこそ出来る根本的アプローチで徹底的に痛みを取り除き、再発しない健康的な身体作りをしていきます。

シンスプリントでお悩みの方は是非一度、ジョニー整骨院へご来院ください。